トイレリフォームの流れ

トイレリフォームを考えたときに、どのような流れで進んでいくのかがよくわからないという人も多いと思います。特に女性はこういったことに対してあまり経験が無いので、業者にまかせっきりになりがちですが、しっかりわかった上で対応していかないと、思わぬところで余計な出費が出てしまうこともあります。

工事に至るまでの流れとしては、まずは業者への問い合わせから始まり、そして業者が現地調査を行います。そして、リフォームプランの検討を重ねて契約に至ります。すると、工事日程の設定を行い、工事日に向けて片付けなどして準備をし、工事日に工事が始まります。

工事の流れとしては、まず既存の便器の解体から始まります。この便器の処分は業者が行ってくれますが、何か事情があって取っておきたい場合は事前に申し出ておきましょう。この解体作業の際に、配管の腐食や躯体などの不具合が見つかり、修繕のための追加費用が発生する場合もありますので、説明をしっかり聞きましょう。

次に、新しいトイレの設置のための環境整備を行います。配管の位置の移動の有無、電源設備の有無などで工事の内容が変わってきます。

その後、床下地工事を行います。マンションなどでは不要なことも多いです。不用だった場合にもこの部分で費用が計上されている場合もありますので、その場合の値引きが可能かも確認しましょう。

それから、内装工事を行い、壁や床、天井などの張替えや塗装も必要なら行います。

最後に新規の便器やカウンター、ペーパーホルダーを取り付けて掃除をして完成です。

見てもわかる通り、単純に便器を置き換えるだけでの作業ではありませんから、それなりの作業が必要です。基本的には一日で終わるものになりますが、予期せぬトラブルがあって二日以上かかる場合もあり、追加費用が発生する場合もあります。
もっと詳しく>>>>>珠肌のうみつ 効果

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *